【疑問解決】ファスティープラセンタに添加物が含まれているか調べてみた

【疑問解決】ファスティープラセンタに添加物が含まれているか調べてみた

ファスティープラセンタは、プラセンタと酵素を同時に摂取できる酵素ドリンクです。通常の酵素ドリンクには、代謝機能を向上させて痩せやすくする働きがありますが、ファスティープラセンタはそれに加えてしみやシワ、肌トラブルを予防する美容効果が期待できます。まさにキレイに痩せたい人のためのドリンクです。そんなファスティープラセンタですが、添加物が含まれているのか気になりますよね。

ファスティープラセンタに添加物は含まれている?

結論から言うと、ファスティープラセンタには添加物が含まれています。

どのような添加物かというと、

・香料

・安定剤(ペクチン)

です。

これは原材料の項目にも記載されています。

特に気になるのが、安定剤(ペクチン)です。

ペクチンには、舌触りを良くしたりとろみをつけたりする働きがあります。

酵素ドリンクはとろみがあるほうが、上品な味がするため、あえてペクチンを入れているのだと思われます。

ただし、ペクチンによって体内酵素が損なわれる可能性があるので、これが入っているのはマイナスポイントです。

体に特別な害があるわけでありませんが、無添加の酵素ドリンクに比べると効果は落ちてしまいます。

また、ファスティープラセンタには高果糖液糖も含まれています。

高果糖液糖を使うことで、植物からエキスを強制的に抽出できるのですが、自然抽出でない分、栄養価が下がってしまいます。

なぜ強制的にエキスを抽出するのかと言うと、その方が時間をかけずに作ることができるからです。

低コストでスピーディーに作るために、高果糖液糖を使用しているんですね。

そのため、ファスティープラセンタは糖類不使用の酵素ドリンクに比べると、価格は安いです。

以上のように、ファスティープラセンタには添加物と糖類が含まれているので、無添加の酵素ドリンクに比べると、効果は期待できないでしょう。

ただし、その分価格はお手頃になっているので、これから購入される方は、そういった点も踏まえて購入するようにしてください。

▼ファスティープラセンタの詳細はこちら▼
【ポイント10倍】【送料無料】冬太り撃退⇒超強力ダイエット酵素♪選べる5タイプ …

ファスティープラセンタに副作用はあるの?

ファスティープラセンタを飲んだ人の中には、副作用が起きた人もいるみたいですね。

主な副作用としては、頭痛や吐き気などがあります。

なぜ副作用が起こるのか調べたところ、酵素が副作用に大きく関わっていることが判明しました。

酵素には、体内の老廃物を排出する働きがあるとされています。

そして、老廃物が排出される際には、頭痛や吐き気を伴う人もいるようです。

ただし、これらの副作用は危険なものではありません。

頭痛や吐き気が起こるのは「好転反応」の一種なんです。

好転反応とは、体内の毒素がを血液中に排出される時に起こる一時的な症状のことです。

つまり、体が健康になる過程で、一時的に副作用のような症状を伴うんです。

酵素ドリンクやサプリメントを飲んで好転反応を起こす人はたくさんいます。

好転反応は通常1週間くらいで治まるようです。

ですので、ファスティープラセンタを飲んだ時に頭痛や吐き気、下痢などの症状が現れるなら、それは好転反応と考えてもらってよいでしょう。

好転反応が出たら、体が良い方向に向かっている証です。

授乳中や妊娠中に飲んでも大丈夫?

「ファスティープラセンタを授乳中や妊娠中に飲んでも大丈夫なのかな?」

このような疑問をよく見かけます。

たしかに、授乳中や妊娠中はデリケートな時期なので、酵素ドリンクを飲んでも本当に大丈夫なのか心配ですよね。

ただ、ファスティープラセンタに関しては、授乳中や妊娠中に飲んでも問題ありません。

なぜなら、使用されてる原材料が安全なものばかりだからです。

使用されている豚プラセンタは、徹底した品質管理が行われているため、妊娠・授乳中であっても安全です。

妊娠中や授乳中は、子供にばかり意識が行って、自分の栄養管理を怠りがちです。

食欲が無くなることもしばしば。

そこでファスティープラセンタを飲むことで、不足気味な栄養素をしっかりと補給することができます。

ファスティープラセンタは、本来置き換えダイエットを目的とした酵素ドリンクです。

そのため、食事を抜いても大丈夫なように、豊富な栄養素が含まれているんです。

しかも、カロリーはコップ一杯あたり45kcalと低いです。

ですので、妊娠中や授乳中の女性が飲むにはもってこいなんですね。

また、ファスティープラセンタにはその名の通りプラセンタが含まれているため、美容効果が期待できます。

妊娠中・授乳中はホルモンバランスが乱れ気味で、肌荒れや吹き出物ができやすくなります。

そんな時にファスティープラセンタを飲むことで、肌トラブルを予防することができます。

ただし、一点だけ守って欲しいことがあります。

それは、「ダイエット目的では飲まない」ということです。

授乳中や妊娠中のダイエットというのは、母体や赤ちゃんの体にとっては好ましくありません。

なので、不足しがちな栄養素を補う目的で飲むようにしましょう。

ファスティープラセンタを活用したプチ断食のやり方

従来の断食では栄養不足に陥る可能性がありますが、

ファスティープラセンタには、断食中に不足しがちな栄養素や美容成分が凝縮されているため、栄養不足や体調不良になる心配がありません。

ただし、間違ったプチ断食のやり方だと、痩せれないどころか、体調を崩す可能性が出てきます。

なので、ファスティープラセンタを活用した正しいプチ断食のやり方をご紹介しましょう。

まず、プチ断食を行う期間は1週間。

この1週間を

・初日~3日目
・4日目~5日目
・6日目~7日目

以上の3つの段階に分けます。

この3つの段階をそれぞれの詳しく見ていきましょう。

初日~3日目は食事量を少しずつ減らす

プチ断食初日~3日目は準備期間にあたり、食事量を少しずつ減らしていきます。

初日は通常の8割程度、2日目は6割程度、3日目は4割程度にまで食事を減らします。

徐々に食事の量を減らすことで、胃が少しずつ小さくなっていき、プチ断食を初めても、空腹に悩まされることが無くなるんです。

4日目~5日目はファスティープラセンタでプチ断食

4日目~5日目になると、体はプチ断食をする体制が整っています。

ここで、ファスティープラセンタの出番です。

朝起きてから2時間毎にファスティープラセンタを飲みます。

食事は摂ってはいけません。

この期間に口にしていいのは、ファスティープラセンタと水だけです。

ファスティープラセンタを炭酸水で割ると、腹持ちが良くなるのでオススメです。

6日目~7日目は回復食を食べる

6日目~7日目になると、体が軽くなり、体重もわずかに減っているかもしれません。

ただ、ここで食事量をプチ断食前の量にいきなり戻してしまうと、吐き気や腹痛を起こす可能性があります。

なので、回復食を食べて、徐々に元の体質に戻していきましょう。

回復食としては、お粥か玄米がベストです。

お粥・玄米を食べる時は、よく噛んで食べましょう。

満腹中枢が刺激されて、満腹感を感じることができますよ。

効果を感じている人の評判

ファスティープラセンタを飲んで、効果を感じている人の評判をまとめてみました。

まずは、43歳女性の体験談です。

■3ヶ月で3キロ減量しました■

ネットで見かけて、ずっと気になっていました。

梅味を購入しましたが、とても美味しかったです。

炭酸水・水どちらで混ぜても美味しくいただけました。

毎日ファスティングをするのはしんどいので、1日開けてファスティングをしています。

そして、食べすぎた翌日は必ず断食をします。

おかげで、3キロの減量に成功しました。

3ヶ月で3キロというのは、まずまずの結果ではないでしょうか。

もう少し体重を落としたいので、これからも続けていきたいです。

続いては、54歳女性の評判になります。

■1ヶ月で3キロ痩せました■

梅味とマンゴー味を買いましたが、どっちも美味しいです。

炭酸水で割るのがお気に入りです。

私は主に朝食を置き換えと、夜お腹が空いた時に少しだけ飲んでいます。

他のメーカーの酵素ドリンクよりも美味しいので、難なく続けられます。

1ヶ月目で早速効果が現れ、3キロ痩せました。

お肌の状態も徐々に良くなってきたように思います。

もう3ヶ月は続けてみようと思います。

このように、効果を実感している人の評判がたくさん見つかりました。

アットコスメでは星7個中5.4個と、高評価を得ています。

他の酵素ドリンクよりも美味しい、といった意見も多いので、酵素ドリンクの味が苦手な人も、ファスティープラセンタなら上手くいくかもしれませんね。

▼ファスティープラセンタの詳細はこちらをクリック▼

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする