ノンエーは公式サイトで購入するのが一番お得?

【疑問解決】ノンエーは公式で購入するのが一番お得?

ニキビ用の洗顔石鹸として、様々な商品が販売されています。その中でもノンエーの洗顔石鹸はテレビでも紹介され、人気を集めています。ネットでの評判もなかなか好評です。

そんなノンエーはどこで買ったら一番お得なのでしょうか?やはり公式サイトが一番安いのでしょうか?気になるので調べてみました。

>>>ノンエーの公式サイトをチェックする<<<

ノンエーは公式サイトが最安値?

まずは、ノンエーがどこで売っているのか?そして、販売価格はいくらなのか調べてみました。すると、以下のことが判明しました。

 楽天ヤフーショッピング公式サイト
価格2,940円2,940円2,940
送料540円540円540円

ご覧の通り、楽天とヤフーショッピング、公式サイトが一番安いことがわかりました。

※ちなみに、ポンパレモール 、Wowma(ワウマ)、ボンパレモール 、パーク、ヤマダモールなどの通販サイトも調べてみましたが、ノンエーを取り扱っているところはありませんでした。

楽天、ヤフーショッピング、公式サイトでは、ノンエー石鹸1個が2,940円で販売されています。別途送料540円が必要です。

以上のことから、ノンエーを最安値で買うなら楽天、ヤフーショッピング、公式サイトです・・・と言いたいところなのですが、ちょっと待って下さい!

楽天とヤフーショッピング、公式サイトの価格は同じですが、それでも公式サイトで購入されることをオススメします。

なぜなら、楽天には「偽物」が出まわっている可能性があるからです。

楽天とヤフーショッピングに偽物が出まわっているって本当!?

楽天とヤフーショッピングにノンエーの偽物が出まわっているって本当!?

商品に人気が出れば偽物や類似品が出回るようになりますが、ノンエー石鹸も例外ではありません。

悪い口コミを書いている人の多くは、公式サイト以外の店舗で購入している可能性が高いです。

そして、実際の口コミを見ても「これ偽物なんじゃないの?」と疑問に思っている人を見かけます。残念ですが、販売元が異なる場合は、偽物ではあることを否定できません。

なので石鹸を使って、もしお肌にトラブルなどがあったとしても、公式サイト以外で購入した場合は、保証を受けれない恐れがあるんです。

「偽物を別の店舗で購入して、何かあったらメーカに責任を取ってもらおう!」こんなことが受け入れられるはずがないですよね?

特にノンエーのような人気商品を購入する時に注意してほしいのが、

・公式サイト以外での購入
・販売元が異なる

以上の2点です。

お肌につけるものは成分が異なれば肌荒れを起こす人もいるし、何があるかわからいので怖いです。肌の乾燥を改善するつもりが、肌が荒れてしまったら・・・。

特にノンエー石鹸に関しては偽物や類似品が出まわっている噂をよく聞くので、危険を避けるためにも必ず公式サイトで購入するようにしてください。

⇒ノンエーの公式サイトはコチラ

愛用者の口コミまとめ

ノンエーの愛用者は本当にたくさんいますが、口コミは様々です。その中から口コミをいくつかまとめてみました。

女性の良い口コミや評判

「ニキビができなくなりました」

17歳女性

これで洗顔し始めてから、ニキビができなくなりました。食習慣も変えたところ、さらにニキビが改善したように思います。

全然痛くないし、しっかり泡立つので使い心地が良いです。まだそんなに使ってないけど、無くなったらまた購入しようと思います。

女性の良い口コミや評判

「敏感肌でも使えます」

18歳女性

半年くらい前からニキビが目立つようになり、洗顔をいろいろ試しましたが、なかなか改善しませんでした。そんな時にノンエーの存在を知り、試してみました。

使い始めて1週間たった頃、効果が現れました。泡立ちの良さが気に入っています。敏感肌でも使えるので、本当に満足しています。

女性の良い口コミや評判

「ピリピリしません」

21歳女性

何度も購入しています。これを使う前はニキビがよくできていましたが、今はほとんどできていません。泡立ちネットを使うと、かなり泡立ちが良くなります。

指がニキビに触れることなく洗顔できるが良いですね。また、私は敏感肌なのですが、肌がピリピリしません。友達にもすすめたいと思います。

以上のように、ノンエーの愛用者からは「ニキビが改善した」という声が多数あがっています。泡立ちの良さも好評でした。

ノンエーで肌が痛くなる!?その2つの理由とは・・・

ノンエーで肌が痛くなる!?

ノンエーを使った人の中には「肌がピリピリ痛くなった」という意見も見受けれました。肌が痛くなる理由として、以下の2つが考えられます。

1.洗浄力が強い

の洗浄力は若干強めです。なぜなら、ノンエーが弱アルカリ性だからです。

最近では多くの洗顔用品が弱酸性で作られています。弱酸性の方が肌への刺激が少ないです。その反面、洗浄力は落ちます。

一方、ノンエーは洗浄力を上げるために弱アルカリ性にしていますが、肌への刺激が強くなります。

これが、ノンエーを使って肌が痛くなる理由の1つです。

2.洗顔のやり方が間違ってる

ノンエーの性質自体が肌に合っていたとしても、洗顔のやり方を間違えてしまうと、肌が痛くなる可能性があります。

先述の通り、ノンエーは肌への刺激が若干強めです。なので、洗顔に長い時間をかけていると、肌への負担が大きくなり、痛みを感じてしまいます。

痛みを感じないようにするためには、30秒位で洗い流す必要があります。肌の弱い人なら、もっと短い時間で洗い流した方が良いでしょう。

もし、30秒以内で洗い流しているのにも関わらず痛みを感じる場合は、肌が相当傷んでる可能性があります。これは、ノンエーに関わらずどんな洗顔石鹸でもです。

痛みを感じるのに使い続けると、肌のバリア層が破壊されてしまいます。痛みがひどい場合は、すぐに使用を中止して、皮膚科に相談するようにしましょう。

乾燥肌でもノンエーは使える?

ノンエーは乾燥肌の人でも使うことができます。ニキビに悩んでいる人は乾燥肌であるケースが多いですが、そういう人達のこともしっかりと考えて、ヒアルロン酸・リピジュアなどの潤い成分が配合されています。

ですが、洗浄力が少し強めなので、正しい使い方をしないと、必要な皮脂まで落としかねません。

皆さんよく勘違いされているのですが、皮脂は乾燥や外部からの刺激から肌を守る役割があります。

しかし、多くの人は、皮脂は毛穴の詰まりを引き起こす悪者だと思っているんですね・・・。

でも、必要な皮脂を落としすぎると、お肌の乾燥を一層悪化させてしまいます。

なので、ノンエーは正しく使うことが大切です。

ノンエーの正しい使い方については、以下で説明しているので、ぜひ参考になさってください。

万が一、皮脂を過剰に落としすぎた時は、お肌に化粧水を付けて保湿してください。そして、乳液やクリームを塗ることで、さらにお肌が保湿されます。

ノンエーを使用する時は、乳液やクリームを用意していおくと、落としすぎた皮脂をカバーして、お肌の乾燥を防いでくれますよ。

正しい使い方をマスターしよう!

では、ノンエーの正しい使い方についてお伝えします。しっかりとマスターしてくださいね。

①手をしっかり洗う

洗顔をする前に、必ず手をしっかりと洗いましょう。手には細菌が付着しているので、まずはしかりと洗い流すことが大切です。

細菌が付着した状態でニキビをこすると、ニキビがさらに酷くなる可能性があるので注意してください。

②ぬるま湯で顔を洗う

手を洗ったら、まずはぬるま湯で顔全体を洗いましょう。ノンエーはまだ使ってはいけません。お湯の温度は35℃~37℃くらいがオススメですが、肌質によって温度は変えてください。

たとえば脂性肌の場合は、温度を少し高めに設定しましょう。温度を高めに設定することで、過剰分泌した皮脂を落とすことができます。

逆に乾燥肌の場合は、低めに温度を設定してください。水温を高くすると、必要な皮脂まで落としてしまう可能性があるからです。

ただ、最初から自分の肌に合った温度を見つけるのは難しいと思います。ですが、何度も洗顔しているうちに、自分に合った温度をつかむことができます。

③泡立てる

ここでようやくノンエーの出番です。ノンエーを泡立てますが、ゴルフボール4、5個分の大きさに泡立ててください。顔の表面を泡で覆えるくらいの量が丁度良いです。

また、泡に大きな空洞ができてしまった時は、その空洞を潰しましょう。泡のキメを細やかにするように泡立てるのがポイントです。

泡立ては結構難しいですが、泡立てネットを使えば容易に作れます。(ノンエーを公式サイトで買うと、泡立てネットが無料で付いてきます)

④泡で顔を洗う

泡立てた泡を顔全体に優しく広げていきます。押すような感じて広げてくだい。

注意点として、顔を強くこすらないこと。ノンエーの洗浄力は若干強めなので、強くこすると肌に負担がかかります。

⑤洗い流す

顔に広げた泡を洗い流します。洗い流す時は、30秒以内で洗い流すようにしましょう。乾燥肌の人は10秒~20秒くらいで行なってください。

ノンエーは洗浄力が強めなので、洗い流すのに時間をかけると、必要な皮脂や角質まで落としてしまいます。泡を顔に乗せて放置するようなことは絶対にやめてください。

⑥顔に付着した水分を拭き取る

最後に、顔に付着した水分をタオルで拭き取りましょう。このときも、力を入れずに優しく拭き取ってください。また、タオルは綺麗な状態のものを使いましょう。

⇒ノンエーのさらに詳しい情報をチェックする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする